日本の結婚の始まり

  日本の結婚の始まりは、天上の神々から国づくりの命を受けた伊邪那岐(イザナギ)、

  伊邪那美(イザナミ)の二柱の神様が夫婦となり、日本の国土と多くの神々をお生みに

  なった神話であると伝えられています。

結 婚 式

  平安時代に行われていた結婚式は、現代の皇室の御婚儀にも受け継がれています。

  「家」を重んじた武士の時代になると、家の床の間のある座敷で、神様のお名前を記した

  掛け軸の前に種々の神饌をお供えし、御神酒で盃を交わす結婚式が行われるようになり

  ました。神々を祀る床の間を中心にした結婚の儀式は、公家、大名、武士、庶民へと広く

  普及しました。

  現在広く行われている神前結婚式は、明治33年、当時皇太子であられた大正天皇の

  御結婚の礼が皇居内の賢所で行われ、この慶事を契機として、民間においても神社に

  おいて執り行われるようになり、わが国の伝統にもとづく神前結婚式が全国各地に広ま

  り、日本の結婚式の代表的な形となって現在に至っています。

  そこには、人生の節目など、暮らしの中に神々を祀ってきた、わが国の伝統が息づいて

  います。




 
むすびの神の大前で、人生の大切な儀式―

   神前結婚式のお申し込み、お問い合わせは社務所まで。(電話0263-32-1936)


   ・記念写真は専属のカメラマンがお撮り致します。
    ―― 記念写真の御相談は大澤写真館(電話0263-32-1746)