夏かぜのウィルスと発疹の話


<夏風邪>

  夏のカゼではしばしば38-39℃以上の高熱が3-5日続くことがあります。その原因としては、アデノウィルス3,4,5型で起こる咽頭結膜熱俗称:プール熱とエンテロウィルスで起こるヘルパンギーナが有名です。どちらも学校伝染病ですので、罹患したら完全に解熱するまでは登校登園は禁止となります。
    咽頭結膜熱は眼の結膜炎と扁桃腺様のノドの炎症が特徴的です。
    また、ヘルパンギーナは上あごの奥に複数の口内炎様の潰瘍ができ痛みが強いため食欲が著明に低下します。発熱は3-5日で消えますが、ノドの潰瘍は治るまでに1週間前後かかります。
    抗生物質を使用しても効果ないことが多く、対症療法(その場その場の症状に対応する治療をすること)が主となります。
<夏風邪と発疹>
   このエンテロウィルスは、その疾患の途中や回復期に様々な形の発疹がでることでも知られています。発熱後に発疹をみるため、突発性発疹症と間違われることもあります。気温が上昇してきますと、エンテロウィルスの活躍する季節となります。この時期の発疹を認める発熱の時はこの病気によるものも疑う必要があります。
   また、このエンテロウィルスは様々な病気を引き起こすウィルスです。今お話ししたヘルパンギーナだけでなく、ポリオ、手足口病、夏かぜ症候群などパターンは様々です。
原因となるウィルスも下の表のように何種類もあるため、夏場に1度ならず2度3度と同じ病気を繰り返すこともあります。
<発熱と発疹>
   熱に伴って発疹がみられることがよくあります。上にも書きましたように、エンテロウィルスもその原因として覚えていなければならない疾患ですが、そのほかにも様々な疾患で発熱・発疹が認められます。発疹の種類は右に表示しておきましたので参考にご覧ください
 
 発疹性の発熱疾患も大きく分けると「紅斑型」と「水疱型があります。それぞれの疾患に関しては少々難しい説明ですが上の文字をクリックすると一覧表をごらんいただけます。
  発疹性の発熱疾患は家族・他人への感染の可能性の高いものが多く、放置しておくと重症化するものもあるため、必ず主治医へ相談するようにしてください。自己判断で様子を見ることはさけましょう。

   感染症情報にもありますが、本年(H13)年4月には成人型麻疹も含め、麻疹(はしか)が近年になく流行しています。ワクチンを接種していない方々が主だそうです。ワクチン接種をやったかはっきりしない方は、予防接種をお考えください。
限局性の皮膚色の変化をいう.その色調から紅斑,紫斑,色素斑,白斑などに分類される.
丘疹 半球状の限局性の隆起性病変.
結節 充実性の皮膚の隆起で通常1cm以上.
水庖 透明な水様液の内容を有する.
膿庖 細菌感染などにより水庖内容は混濁し,白血球を含む.
嚢腫 真皮内の空洞で上皮により囲まれる.
膨疹 限局性の境界明瞭な扁平隆起で真皮に一過性の浮腫をみる.


ホームページへ