学校にて予防すべき伝染病の種別

       


疾患名 原因菌 出席停止期間


エボラ出血熱 エボラウィルス 完治するまで
クリミア・コンゴ出血熱 クリミア・コンゴ出血熱ウィルス 完治するまで
ペスト ペスト菌 完治するまで
マールブルグ病 マールブルグウィルス 完治するまで
ラッサ熱 ラッサウィルス 完治するまで
急性灰白髄炎 ポリオウィルス 完治するまで(医師の判断による)
コレラ コレラ菌(エルトールO1型) 完治するまで(医師の判断による)
細菌性赤痢 赤痢菌 完治するまで(医師の判断による)
ジフテリア ジフテリア菌 完治するまで(医師の判断による)
腸チフス サルモネラチフス菌 完治するまで(医師の判断による)
パラチフス サルモネラパラチフス菌 完治するまで(医師の判断による)


インフルエンザ インフルエンザウィルス 解熱後2日後まで
百日咳 百日咳菌 特有な咳が消失するまで
麻疹 麻疹ウィルス 発疹出現後の発熱が解熱し3日後まで
流行性耳下腺炎 ムンプスウィルス 腫脹が消失するまで
風疹 風疹ウィルス 発疹の消失するまで
水痘 水痘・帯状疱疹ウィルス 全ての発疹が痂皮化するまで
咽頭結膜熱 アデノウィルス3型が主 主症状消失後2日後まで
結核 結核菌 医師の許可があるまで


腸管出血性大腸菌感染症 腸管出血性大腸菌 医師の許可があるまで
流行性角結膜炎 主としてアデノウィルス8型 医師の許可があるまで
急性出血性結膜炎 エンテロウィルス70型 医師の許可があるまで
その他の伝染病    
・溶連菌感染症 A群β溶血性連鎖球菌 抗生剤治療開始後24時間以降状態が良ければ
・ウィルス性肝炎 A,B,C,D,E肝炎ウィルス A型:肝機能正常化後、B・Cは必要なし
・手足口病 コクサッキーウィルスA16、エンテロウィルス71など 全身状態の安定したもの
・伝染性紅斑 ヒトパルボウィルス(HPV) B19 発疹のみの場合登校可
・ヘルパンギーナ 主としてコクサッキーA群、その他のエンテロウィルス 全身状態の安定したもの
・マイコプラズマ感染症 マイコプラズマ 急性期終了後
・流行性嘔吐下痢症 ロタウィルス・小球形ウィルス(SRSV)・腸管アデノウィルス 下痢・嘔吐回復後


登校禁止の必要ない病気

みずいぼ(伝染性軟属腫) 自家感染が主です。基本的には登校禁止の必要はありません。水泳も禁止する必要はありませんが、プールなどで一緒のビート板を使用することで感染することもあります。この点は注意しましょう。
アタマジラミ 薬局で売っているスミスリン・パウダー、シャンプーで治療できます。
伝染性膿痂疹 一緒の入浴、プールは避けましょう。



トップページへ