乗鞍について
センターについて   自然情報   イベント情報   交通アクセス   問合せ先
成り立ちと概要
 乗鞍岳は長野県の西部、北アルプス(飛騨山脈)の乗鞍火山帯南部にあり、乗鞍岳という名前はいくつもあるピークの総称だ。最高峰・剣ヶ峰3025.6mは火山としては国内第3位の高さで、岐阜県との県境である稜線は北は焼岳、槍・穂高連峰へとつづき、南には飛騨との交通の要所だった野麦峠がある。
 乗鞍高原は乗鞍岳の東側に位置し、数回の火山活動で溶岩が流れ下り、渓谷を埋めて出来たものだ。標高約1,800mから約1,200mは人の生活圏であり、また高原の上半分の範囲は中部山岳国立公園に入る。
 乗鞍岳へは、三本滝駐車場ゲートから上の道でマイカー規制が実施されるなど、地域全体で自然保護や環境保全策がとられている。



ばんどころ大滝の写真
番所大滝
ばんどころおおたき

<三本滝> 三本滝駐車場・バス停三本滝から30分 
 別々に流れてきた三本の滝を眺めることができ、、日本の滝百選や県の名勝に指定されている。亜高山帯に位置しシラビソやコメツガ、トウヒ、ダケカンバなどの針葉樹に囲まれ、滝の音が包む静かな場所。
 コマドリ、オオルリ、メボソムシクイ、キクイタダキなどの野鳥を観察できる。

<善五郎の滝> 
第3駐車場・バス停鈴蘭橋から15分
 落差約21m。周囲にはミズナラやブナ、カエデ類、シラカンバなどの広葉樹、サワラやクロベといった針葉樹の混ざった林が続く。滝見台からは滝と乗鞍岳を眺めることができる。
 ミソサザイ、キセキレイ、エゾムシクイ、コルリなどの野鳥が多い。

<番所大滝> 
大滝駐車場・バス停大滝前から約10分
 落差約40mで一年を通して水量も豊富だ。滝の上流には千間淵とよばれる淵があり、遊歩道も整備されている。
ぜんごろうの滝の写真
善五郎の滝

  
滝と湖沼
 滝は溶岩が侵食されてできたものが多く、それぞれの滝の下流にはかつての滝壷の跡が連続してみられ、周辺には薄い板を重ねたようにみえる板状節理も観察できる。
 湖沼は、乗鞍岳には火山特有の火口湖・堰止湖が多く、乗鞍高原には凹凸の多い溶岩の窪地に地下水が滞水してできたものが多い。

うしどめ池の写真

牛留池
うしどめいけ

<牛留池(標高1,590m)>
 
休暇村駐車場・バス停休暇村から5分
 シラビソ、クロベ、チョウセンゴヨウなどの針葉樹にかこまれた静かな池だ。湖面には乗鞍岳が逆さまに映り込み、5月から6月にかけてはミツガシワの白い花が咲く。アオイトトンボやルリボシヤンマなどのトンボ類や、モリアオガエルの卵塊などが観察できる。
 夏にかけては野鳥の種類も多く、バード・ウォッチングにとても良い。遊歩道も整備され、起伏の少ないゆるやかなコースで静かな森林浴が楽しめる。

<どじょう池(1,469m)> 
一の瀬・座望庵駐車場から5分
 池と周辺の湿地にはミズバショウの群生がみられ、6月にはレンゲツツジがあざやか。

<あざみ池(1,450m)> 
一の瀬・ネイチャープラザ駐車場から7分
 6月下旬にはモリアオガエルの卵塊が観察できる。水面に木立ちが映り込む静かな池。

参考資料:安曇村誌第1巻自然(1998年)、乗鞍の自然と文化(総合学術調査報告書 1976年)



Copyright (C) 2007 乗鞍自然保護センター Norikura vc. All Rights Reserved.