トップページへ戻る

施設概要

松本児童園のあらまし
構成
沿革
理念
基本方針


松本児童園のあらまし

社会福祉法人 松本市児童養護協会 児童養護施設 松本児童園松本児童園は、児童福祉法に基づいて、親のいない子どもや様々な事情で家族と一緒に暮らすことのできないお子さんを預かり、安らぎのある環境の中で、子どもの権利を擁護しながら、心身共に健やかに育て、自立を支援する施設です。
当園は、全国でも珍しく、松本市の民生委員・児童委員が設置主体である社会福祉法人松本市児童養護協会が経営しています。
昭和25年6月1日創設以来、数多くの方々からの温かいご支援に支えられ、すでに770余名の子どもが巣立っています。
在園する子どもは、概ね2歳から18歳までの幼児、小、中学生、高校生たちです。
これらの子ども一人ひとりの境遇には、それぞれ厳しいものがありますが、再び家族が一緒に生活ができる日を待ち望み、自立に向けての基礎を培っています。

構成

児童定員
45名
 

法人役員 理事長
 1名
理 事 
 9名
監 事
  3名
評議員   35名
職  員 園 長
 1名
事務員
 1名
指導員・保育士
 21名
心理士    1名
 

栄養士

 1名
調理員
 4名
嘱託医
  1名
 計30名
  心理療法担当職員   常勤1名 配置 ※嘱託・臨時職員含む
  家庭支援専門相談員 常勤1名 配置
  里親支援専門相談員 常勤1名 配置 (平成28年4月現在)

沿革

昭和25年
5月
  経営主体として中信養護協会設立
昭和25年
6月
  松本市高宮に養護施設松本児童園設置認可
昭和34年
3月
  松本市児童養護協会が松本児童園の経営を継承
昭和35年
9月
  松本市児童養護協会設立認可
昭和38年
3月
  現在地 松本市島内へ移転
昭和53年
4月
  児童静養棟(現 家庭支援室)完成
昭和58年
12月
  現園舎に全面改築工事完成
昭和62年
2月
  自立訓練棟(現 家庭支援室)増改築工事完成
平成 7年
3月
  幼児用浴室工事完成
平成 9年  
5月
  高校生居室棟(個室)工事完成
平成13年
1月
  園舎大規模修繕工事完了
平成17年  
3月
  小規模グループケアホーム完成
平成22年    3月   ユニット改修工事(家庭支援室撤去工事含む)完了
ショートステイ棟・学習棟完成

◆理念

・みんなで仲良く楽しく暮らそう・丈夫な体をつくろう

基本方針

1 基本的生活習慣の確立
児童の情緒が安定する生活リズムの設定、適切な衣類の提供及び住環境に配慮する。

2 自主性の育成
児童一人ひとりが、発達段階に応じて自分の境遇を理解し、受容し、自己実現をめざす主体性を育めるよう支援する。

3 学力の向上
学習意欲を喚起して、個々の希望や適正に応じた進路選択ができるよう、児童各々の実態に即した学習計画をたて、学力の向上に努める。

4 家庭支援と自立支援
家族再統合及び自立支援(退所後の支援を含む)に努める。

5 民生児童委員との連携
民生児童委員との連携を深め、支援の向上に努める。

6 施設の社会化
地域の人々との交流の場や、園が担う役割を公開する機会を設ける。
また、利用者の要望等を円滑に解決する体制をさらに充実させる。

7 施設の小規模化
児童の安全と情緒的に安定した生活が送れる生活環境を提供するため、生活集団を小さくして対応するユニット化を推進する。さらに、施設内の小規模施設の実践をより深め、研究、検討を加え、体制作りを進める。

8 運営基盤の強化
運営基盤の強化と職員の資質向上の研修を積極的に行う。





トップページへ戻る