トップページへ戻る

子どもたちのようす

生活





当園では、幼児さんは幼児寮、小学生以上の子どもは年齢・性別によっていくつかのユニットに分かれて生活しています。別棟には、グループケアホームもあります。その中で個室〜3人部屋の各居室に分かれ日課にそって生活しています。毎日の日課はそれぞれの子どもの年代に合わせて立てられています。

当園で生活していく上でのルールについてまとめた「毎日の生活のルール」という冊子を小学生以上の子どもに配布しています。生活のルールについては日頃の子どもたちからの意見や子どもたちの自治会(子ども会)での話し合いの結果を反映し、必要に応じて見直しをしています。
子どもたちは、それぞれ地域の保育園、小学校、中学校に、高校生は市内及び周辺の高校に通っています。年間の行事も沢山あり、園独自のものや地区・学校の行事などに楽しく参加しています。

学習
将来、より良い進学や就職ができるように、学力の向上と学習する習慣を身につけることを目的に行っています。小学生は下校後すぐに毎日の宿題を中心に学習をしています。中学生以上はそれぞれのペースで学習し、職員が個別に学習を補助しています。中学生で希望する子どもは近所の塾に通っています。

子どもと家庭
面会や週末の外出・一時帰宅、学校・園行事への保護者の参加などを通じて、肉親との絆を深めるようにしています。
またお盆やお正月・春休みなどの機会には、家庭に長期間帰省して肉親との時間を過ごせるようにしています。なお、色々な事情で家庭に帰れない子どもは、里親さんのお宅などで家庭生活を体験することもあります。

グループプケアホーム






心に重荷を負った子どもたちには、よりきめ細やかで情緒的に安定した生活環境を整えることがたいへん重要です。
園では、別棟を増改築して6名が生活するホームを平成17年4月から開始しています。
その中で生活する子どもたちは、小学生から高校生まで縦割で、本体施設の日課から離れ、より家庭に近づけた空間となるように配慮しています。

年間の行事
季節に合わせて主に下記のような行事を行っていますが、その他にもそれぞれのユニットで企画して行事を行っています。内容は大掛かりな旅行からささやかなパーティーまで様々で、それぞれのユニットで話し合い、工夫して行っています。
 

入学祝い会
端午の節句
春の遠足(幼児)
開園記念祭
球技大会
プール遊び
七夕
キャンプ(各ユニットで企画)
秋の遠足(幼児)
七五三
クリスマス会
新年会
ソリ外出(幼児)
ひな祭り
卒業・合格・就職祝い会
卒園式
職員お別れ会


 

トップページへ戻る