トップページへ戻る




あずさ基金の利用状況とお礼
あずさ基金の利用状況とお礼(PDF)


◆あずさ基金についてのご説明
この基金は、社会へ巣立つ児童及び社会生活を営む卒園生の経済的支援を目的としたものです。
卒園した者たちは、物心両面で彼らを支える環境が薄く心もとない状態にあります。
大学などへ進学する者は、基本的に生活費用は自己力で乗り越えていかなくてはならない。
そして、就労した者の中には小さな経済的つまづきから生活の立て直しが難しくなる場合もあります。
これらのことから、基金運営の基本方針として以下の事業を行っています。

  ■ 大学等へ進学する者への支援金の支給
  ■ 就労し生活を営む者への支援金の貸与

この基金も巣立った卒園生の背中をほんのわずか後押しする程度の細やかな支援しかできません。
それでも、少しでも元気を出して前に進んでくれることを期待して、国際ソロプチミスト松本の皆さまの賛同を得、共に立ち上げました。
当園では、平均約3人の児童が社会へ巣立っています。平成24年7月1日現在、12人の高校生が在園しています。この内、3割を超える児童が大学等への進学を希望しています。

趣旨に賛同し、個協力していただける方は、当園へご連絡ください。

※この基金への寄付行為は、減税の対象にはなりません







トップページへ戻る